サイトマップ

【アヤナス副作用/安全性】答えは長年の敏感肌研究にあり

【アヤナス副作用/安全性】アヤナス クリーム コンセントレートを敏感肌におすすめする3つのポイント

【アヤナス副作用/安全性】アヤナス クリーム コンセントレートを敏感肌におすすめする3つのポイント

 

「なかなか肌に合う化粧品が見つからない…」

このような悩みを持っている人は少なくないでしょう。敏感肌や乾燥肌の人にとっては、自分の肌質に合う化粧品を見つけ出すだけでも大変です。そんな悩めるあなたにオススメなのが、アヤナス クリーム コンセントレート。

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌専用ブランドだからこそ安全性に関しては徹底的に追求し、安全に使えるように研究を続け、開発に至りました。

敏感肌をはじめとする、肌トラブルを抱えている人にオススメするポイントは「高保湿成分配合&バリア効果UP」「アルコール&合成香料不使用」「考えられる限りの安全性テストを実施」の3つ。

ポーラ・オルビスグループの80年以上にわたる研究の集大成をあなたの肌で実感してみませんか!

 

初回限定約64%OFF

アヤナス公式サイトへ

 送料無料 30日間返品OK

 

【アヤナス副作用/安全性】高保湿成分配合&バリア効果UP

アヤナス クリーム コンセントレートを敏感肌の人にオススメするポイントの1つ目は「高保湿成分配合&バリア効果UP」です。敏感肌やトラブルを抱えている肌の多くは、肌が本来的に備え持っているバリア機能が低下していることが原因といわれています。

このバリア機能が低下してしまう要因はなかなか特定できるようなものではありませんが、結果的に肌が不調をきたすことは明らかです。ならば、このバリア機能を向上させて、肌が自ら外部刺激をブロックする力を取り戻そう、アヤナス クリーム コンセントレートはそんな考えのもと設計されています。

ここで気をつけなければいけないのが、バリア機能が弱まった人がアヤナス クリーム コンセントレートを使うということ。いくら保湿効果やバリア機能を高める成分が配合されているといっても、肌への刺激が強ければ元も子もありません。

つまり、肌トラブルを改善できる効果的な成分を配合していながらも可能な限り低刺激であることを両立しなければいけません。80年以上の研究を積み重ね、ようやく完成したのがアヤナス クリーム コンセントレートなのです。

 

 

【アヤナス副作用/安全性】アルコール&合成香料不使用

アヤナス クリーム コンセントレートを敏感肌の人にオススメするポイントの2つ目は「アルコール&合成香料不使用」です。スキンケア製品でいうアルコールはエタノールのことですが、主な目的は製品の防腐効果や肌にのせたときの清涼感などを出すためです。

一見肌に良さそうな成分ですが、アルコールは敏感肌や乾燥肌の人にとっては、皮膚が乾燥しすぎたり、ピリピリと刺激を感じてしまう場合があります。いくら肌にとって良い効果があったとしても副作用が現れてしまうのであれば意味がありませんね。

合成香料は天然物から取り出したものと、化学的に合成して作られたものの2種類があります。後者の成分はスキンケア製品に配合されていた場合、アレルギー反応を引き起こしてしまう物質として有名です。私たちが想像している以上に香りは肌にとってプラスに働くことは多いですが、その半面副作用や安全性に気をつけなければいけません。

アヤナス クリーム コンセントレートには天然由来の植物エキスを厳選して配合しています。使ってみた人はもれなくゼラニウムとラベンダーによるリラックス効果を体感することができるでしょう。

 

アルコール不使用のクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】考えられる限りの安全性テストを実施

アヤナス クリーム コンセントレートを敏感肌の人にオススメするポイントの3つ目は「考えられる限りの安全性テストを実施」です。これは言わずもがな製品の安全性を確かにするために行われています。

開発時には厳しい安全性の基準を設定し、肌に刺激のになるものは一切使用しないように徹底した製品づくりをしています。開発段階でアレルギーテストや皮膚科医立ち会いのもとモニターテストを行い、全てのテストに合格したものだけを製品化しています。

肌を美しくすることが目的であれば、より効果の高い成分を求めてしまいがちですが、肌トラブルを抱えている人にとっては時には刺激が強すぎて悪影響を及ぼしてしまいます。肌質を一刻も早く改善したいのに、効果的と言われている成分が使えない。

そんな歯がゆい思いをしたことがある人も多いかもしれませんが、アヤナス クリーム コンセントレートは肌への安全性を保ちつつ、最大限に美肌への効果を発揮出来るように作られました。敏感肌にとって必要とされる成分がアヤナス クリーム コンセントレートには閉じ込められています。

 

 

初回限定約64%OFF

アヤナス公式サイトへ

 送料無料 30日間返品OK

 

関連記事:ディセンシア アヤナス クリーム コンセントレートの口コミ!【敏感肌化粧品】

アヤナスの副作用と安全性について使う前に知っておきたい情報まとめ

【アヤナス副作用/安全性】使う前に知っておきたい情報まとめ

今まで幾度となく肌トラブルの経験があるからこそ、新たなスキンケア製品に手を出すことはなかなかハードルが高いものです。そんな悩めるあなたのために、アヤナス クリーム コンセントレートを使う前に少しでも安心できるような情報をまとめてお伝えしていきます。

アヤナス クリーム コンセントレートに配合されている成分の副作用や安全性といった観点から私たちの肌への具体的な効果や使い方といったところをご紹介することで、使っている自分をより具体的に想像していただければ幸いです。

 

 

【アヤナスクリーム副作用と安全性】油分と保湿効果

乳液とクリームの違いはどういったところにあるのでしょうか?

日々、意識高く肌のことを考えてスキンケアを行っている人ならば答えるまでもない質問かもしれませんが、簡単に説明すると、それは水分と油分の配合割合の違いにあります。

乳液は、クリームに比べて水分の配合割合が高く、油分とバランスの取れた滑らかなテクスチャーが特徴です。製品によって多少違いはありますが、さっぱりとした使い心地のものが多く、適度な保湿ケアで十分な場合に適した基礎化粧品といえます。

一方クリームは、乳液に比べて油分の配合割合が高く、テクスチャーもこってりしているものが多いです。アヤナス クリーム コンセントレートも実際に触ってみると、濃厚な質感を感じることができるでしょう。特徴としては、乳液よりも保湿効果が高く、肌から水分が蒸発してしまわないよう保護する役割もあります。また、クリームは保湿効果のほかに、シワやシミ、たるみなどのエイジングケアを促す有効成分が配合されている製品も多く販売されています。

アヤナス クリーム コンセントレートは、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルを抱えている人をターゲットとしていますから、配合されている保湿成分や外部刺激をブロックする効果はかなり濃密になっています。それゆえ十分に肌の保湿が保たれている状態での使用は過剰なケアになってしまうことがあります。

口コミで「ベタつく」や「ニキビができた」といった書き込みをたまに見かけますが、これらの原因は、正しい使い方をしているか、ということと、アヤナス クリーム コンセントレートが肌とって過剰なケアになっていないか、という2つの側面で振り返ってみる必要があるでしょう。

決して油分が多いだけのクリームではないことは明らかですので、自分の肌質と環境などを複合的に考えながら、使用量や使うタイミングを調節して効果を最大化できるように使っていくことが大切といえます。

 

保湿効果の高いクリームはこちら

 

アヤナスクリームの美容効果を完全解説!【敏感肌・乾燥肌】におすすめの理由
【アヤナスクリームの効果】乾燥肌が実感できる潤い敏感肌専用ブランドであるDECENCIAのアヤナス クリーム コンセントレート。敏感肌や乾燥肌の悩みに効果的な理由を徹底解説します。エイジングケアとしても優秀ですので「しわ」「ほうれい線」「ニキビ」の悩みを抱えている人も必見です。...

【アヤナスクリーム副作用と安全性】ストレスによる肌荒れ・乾燥肌・敏感肌に効果的

実はストレスと肌の状態は密接に関係しています。ポーラ・オルビスグループの敏感肌研究によると、ストレスによって肌のバリア機能が低下し、外部刺激の影響を受けやすい状態になってしまうことが明らかになりました。

肌のバリア機能が低下してしまうと、肌の水分が蒸発しやすい構造になってしまう状況に陥ってしまい、同時に普通肌では問題なかった小さな刺激すら敏感に反応してしまう敏感肌へと肌質が悪化してしまうのです。近年では、働く女性も増えてきており、ストレスを感じやすい環境で生活している人も比例していることは事実です。いつの間にか肌荒れが目立つようになっているのであれば、ストレスが原因かもしれません。

DECENCIA(ディセンシア)は、このストレスによる肌荒れのメカニズムを解明し、様々な肌の悩みとなる敏感肌へのケアを提案しています。中でもアヤナス クリーム コンセントレートには、特許技術であるヴァイタサイクルヴェールが採用されていて肌への保湿と外部刺激をブロックするバリア機能を高めることができます。

自身にストレスとなる環境要因を排除する選択肢もありますが、働き先であれば生活もかかっているためなかなかすぐには改善できないもの。であれば、自分で改善できる日々のスキンケアからはじめてみるのはいかがでしょうか。

 

ストレスケアのできるクリームはこちら

【アヤナスクリーム副作用と安全性】敏感肌じゃない普通肌でも使える

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌専用ブランドの製品です。そんな宣伝文句が大々的に書かれていたら「敏感肌じゃない普通肌が使っても大丈夫なのかな・・・」と心配になってしまいますよね。目的と違う使い方をすることによって良い効果どころか、肌に悪影響を及ぼしてしまったら元も子もありません。

結論からいうと、普通肌であっても問題なくアヤナス クリーム コンセントレートを使うことが出来ます。もちろん使っていて副作用もありません。肌の状態というのは、人それぞれですが、私たちの生活している環境からも影響を受けるので、日々状態は変化しているといえます。

分かりやすい具体例でいうと、冬は肌が乾燥してつっぱったような感じを抱きますが、夏ではそんなことはなくむしろ皮脂の分泌が気になる。これは湿度による季節的な要因ですが、私たちの肌は体調と同じように日々刻々と変化しているのです。

また、自分が普通肌と思っていてもそれは敏感肌だったり、乾燥肌である可能性はあります。女性の社会進出が進んでいる現代では、女性の約80%は自分が敏感肌だと自覚しているといわれています。肌のトラブルを未然に防ぎ、健やかな肌を維持する役割としてもアヤナス クリーム コンセントレートは期待に応えてくれると思いますよ!

 

 

【アヤナスクリーム副作用と安全性】日中の乾燥する肌におすすめ【口コミでも話題】

冬と夏の湿度の差は実感していると思いますが、湿度と肌の水分量の関係性を軽くみることは危険です。ディセンシアの研究によると湿度が50%から20%まで下がると、なんと肌の水分量は約半分になってしまうことが明らかになっているのです。

季節由来の湿度の変化に気をつけることは当たり前ですが、湿度が低下する環境は夏でも当たり前のように起こりうることは忘れてはいけません。夏場の鋭い日差しや冷房による乾燥は想像以上に恐ろしいものです。

私たちが活動している日中の間でいかに肌の水分を蒸発させないか、という視点でのスキンケアは1年を通じて重要です。アヤナス クリーム コンセントレートに配合されているベントナイトは外部刺激をブロックすると共に、肌の水分を蒸発させないように保護することができます。

美肌を目指すのであれば、24時間どんなときでも肌を乾燥させないように、意識的に保湿を続けることが大切ですよ。

 

乾燥肌におすすめなクリームはこちら

【アヤナスクリーム副作用と安全性】睡眠不足による肌荒れ・ゆらぎ肌を対策

睡眠不足によるストレスが肌荒れを招いていることがディセンシアの研究結果によってあきらかになっています。実は日中の太陽光を浴びることは夜の睡眠に関係しています。太陽光を浴びることによって夜に睡眠ホルモンであるメラトニンが増え、睡眠の質を高めてくれるのです。

つまり、肌荒れを防ぐためには十分に睡眠をとり、可能な限りストレスを体に溜め込まないようにすることが重要なのです。また、睡眠不足によって生活リズムが乱れてしまうと、男性ホルモンの分泌も促進してしまうため、皮脂が過剰になりニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

肌の新陳代謝のことをターンオーバーと呼びますが、これらも寝ている間に分泌される成長ホルモンによって促されていきます。日中に肌が受けた紫外線などのダメージを修復するのもこのタイミングで行なわれており、いかに睡眠が肌と深く関係しているかが分かりますね。

アヤナス クリーム コンセントレートには、リラックス効果を促す香りが立つように設計されています。気持ちよくスキンケアを行ないながら、心を落ち着かせて上質な睡眠へと導いてくれるでしょう。

 

肌荒れにおすすめなクリームはこちら

【アヤナスクリーム副作用と安全性】ブツブツができた場合【事前にアレルギーテストをしておこう】

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌の人でも安心して使えるように、安全性には非常に配慮されています。肌への刺激は可能な限り少なくなるように成分を厳選していて、副作用も確認されていません。しかしながら、アヤナス クリーム コンセントレートを使ったら「肌にブツブツができた」とか「ピリピリする」などといった口コミを稀に見かけることがあります。

アヤナス クリーム コンセントレートを安心して使ってもらっても大丈夫なことは明らかですが、人によってはアレルギー反応など、何かしらの副作用が起きたりするケースはあります。特に敏感肌やアトピー肌のような肌のバリア機能が低下している人の場合、普通肌では反応しないような成分でも刺激に感じてしまうことがあります。

少しでも違和感があるようであれば、すぐに使用を中止して皮膚科医へ診断してもらいアレルギーテストなど受けるようにしましょう。もし、いままで化粧品を使用して刺激に感じたことがある場合は、はじめてアヤナス クリーム コンセントレートを使う前にパッチテストを行なうことをオススメします。

パッチテストの方法

 テストをしたい化粧品を綿棒などにとり、腕の内側など目立たないところに10円硬貨ぐらいの大きさに薄く塗り、自然乾燥させます。乾くまで衣服につかないよう注意しましょう。
塗った後30分2日後に塗った部分を観察します。発疹や赤み(発赤)、水泡、かゆみなど皮膚の
異常があったときは、手などでこすらず、すぐに洗い落としてください。2日以内にこのような症状が出た場合にも、すぐに洗い落としてください。

引用:東京都健康安全研究センター

 

 

 

【アヤナス副作用/安全性】口コミで人気のアヤナスクリームは無添加化粧品?

【アヤナス副作用/安全性】アヤナスクリームは無添加化粧品?

アヤナス クリーム コンセントレートは無添加化粧品なのでしょうか?

結論からいうと無添加化粧品ではないのですが、そもそも日本の化粧品においては、無添加に関する基準が設けられていません。ただし、化粧品公正取引協議会で「化粧品の表示に関する公正競争規約施行規則」には以下のように表記してあります。

化粧品の表示に関する公正競争規約施行規則 別表4-1【無添加等無配合を意味する用語】

「無添加」、「無配合」、「不使用」等ある種の成分を配合していないことを意味する 用語を表示する場合は、何を配合していないかを明示して下記の基準により使用する。

ある種の成分を配合していないことを表示する場合は、当該成分名称を併記する。

パラベン無添加
ノンエタノール

ある種の成分群に属する成分すべてを配合していないことを表示する場合は、当該成分群を併記する。

タール色素不使用
紫外線吸収剤無配合
オイルフリー

着色剤、防腐剤等を配合していないことを表示する場合は、防腐剤等配合目的を併記する。ただし、規約第4条第7号の規定に基づく指定成分の表示名称により、当該成分の配合目的について一般消費者に誤認されるおそれがある場合には防腐剤無添加等と表示することができない。

着色剤無添加
防腐剤カット
無香料

引用:化粧品公正取引協議会

つまり、「無添加化粧品」という言葉自体この規則上適していないということが分かります。化粧品に何が無添加なのか表示する必要があるので、「無添加化粧品」といわれても応えようがありませんね。

この背景には、化粧品に関して添加物の基準がそもそも法律などで定められていないことがあります。無添加という言葉は、「安全で身体に良い」といったイメージがあるかもしれませんが、実際はそのような良い製品を保証するような表記ではなく、単純に特定の成分が配合されていません、という表示でしかないのです。

この基準に則った表記としてアヤナスには以下のものがありました。

  • アルコール不使用
  • 合成香料不使用
  • 紫外線吸収剤不使用

これに加え、アレルギーテストや皮膚科医立会いによる実施用モニターテストをクリアしたものだけ製品化しているとしています。たしかに敏感肌に向けた製品とはいってもポーラ・オルビスグループ内での基準を満たしているとしかいえません。しかし、このあたりの信用は法律等で基準が設けられていない限りどうすることもできないので、最終的には自分の肌に合う製品かどうかで判断するしかないのです。

とはいっても、配合されている成分について効果や副作用について気になると思いますので、全成分のうちからいくつか抽出して解説してみたいと思います。購入前に少しでも安心できる材料になれば幸いです。

 

 

 

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】ワセリン

アヤナス クリーム コンセントレートにワセリンは配合されています。ワセリンは保湿剤のひとつで、石油資源から作られており、リップクリームやハンドクリームなどスキンケア製品にも広く使われている安全性の高い成分です。

ワセリンの特徴である皮膚にバリアを作って外部刺激から肌を保護し、内部の水分蒸発を防ぐ効果から保湿クリームにも使用されています。

その効果の一方で、アレルギーの危険性については危惧されている意見もあります。ワセリンを精製するうえで純度が高く不純物が除去されていれば、アレルギー反応を起こす可能性は限りなく低いとされていますが、敏感肌の場合、極わずかなアレルギー成分によって反応してしまうケースがあります。

とはいえ、スキンケア製品の保湿剤としてワセリンは当たり前のように使われているため、過去にワセリンによる副作用が起きた経験がある人以外は特別気をつける必要はないでしょう。

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】アルコール

アヤナス クリーム コンセントレートにアルコール(エタノール)は使用されていません。一般的に化粧品に使用されるアルコールは、清浄、殺菌、収れん、清涼、可溶化の目的で配合されています。

アヤナス クリーム コンセントレートには、「フェノキシエタノール」というアルコールの一種である成分が配合されていますが、これは主に防腐剤としての目的で使用されています。

一般的に化粧品は1ヶ月以上継続使用するものが多く、どんなものでも一度開封してしまえば、雑菌や微生物が混入してしまう可能性があります。このリスクを可能な限り軽減し、品質を維持するために防腐剤の配合は必要とされています。

フェノキシエタノールなどの防腐剤は、毒性や刺激などの副作用がありますが、必要最低限の量で配合することにより、肌への刺激なくして化粧品の品質を維持することが出来るのです。

 

アルコール不使用のクリームはこちら

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】合成界面活性剤

アヤナス クリーム コンセントレートには、ステアリン酸スクロースという合成界面活性剤が配合されています。乳化剤の目的で使用されており、肌をきめ細かく整えたり、柔らかな感触にする効果があります。

ステアリン酸スクロースは、脂肪酸から作られている非イオン界面活性剤です。皮膚への刺激が少なく安全性が高い界面活性剤として広く使われています。食品への使用も認められているため、その安全性は確かなものです。

界面活性剤というと、1950年代ごろの精製技術などがまだ確立されていない時代に肌への刺激性や環境汚染などの問題から皮膚に悪いというイメージがなかなか払拭されていないように感じます。現代では、技術が進歩し、低刺激な界面活性剤が開発されているため、安全性は非常に高くなっています。

また、配合されている濃度によっても肌への刺激性は異なるため、配合されているといっても、そこだけでどれだけ肌への刺激があるのか確認することはできません。

ただし、合成界面活性剤を精製する過程で化学成分を使用しているため、化学物質に過敏に反応してしまうようなアレルギー体質の人は注意が必要です。

 

 

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】シリコン

アヤナス クリーム コンセントレートには、ジメチコンというシリコーンオイルが配合されています。シリコーンオイルは肌をなめらかにする効果があり、多くの化粧品やヘアケア製品に使用されています。

ジメチコンは化粧品のテクスチャーを良くするためにも使用されており、毒性や刺激性もなく、どんな肌質にも使用することができるといわれています。

シリコーンは副作用として、毛穴をつまらせる原因になると考えている人もいるかもしれませんが、この主張に関しては根拠がなく、真実ではありません。

ジメチコンには皮膚に皮膜を作る効果がありますが、サランラップのように密閉性のある構造はしていないため、毛穴が詰まることはありません。誤解が多い成分ですが、安全性は高く安心して使用できます。

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】パラベン

アヤナス クリーム コンセントレートにはパラベンは使われていません。通常、パラベンは製品の品質維持のため防腐剤として配合されています。

稀にアレルギー反応を起こしてしまう人がいるため、安全性について疑問視している声もありますが、実際に皮膚障害を起こす人は1000人中2~3人といわれています。継続的に使用する場合も肌への悪影響や副作用はなく、安全性の高い防腐剤です。

アヤナス クリーム コンセントレートには、パラベンの代わりにフェノキシエタノールが配合されており、同じく防腐剤としての目的として使用されています。

 

パラベン不使用のクリームはこちら

【アヤナスクリームの成分に関する副作用・安全性】レチノール

アヤナス クリーム コンセントレートには、レチノールは配合されていません。エイジングケアの効果で注目度の高い成分です。主な効果は肌を柔らかくする働きによって、ハリとしなやかさをもたらします。

レチノールは2017年にシワを改善する効果効能で日本で初めて厚生労働省から認められました。目尻のシワを改善する目的などで使用されています。

アヤナス クリーム コンセントレートにはディセンシアのオリジナル成分としてCVアルギネートが配合されています。身体の内側からコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があり、肌の弾力は無添加の状態に比べて170%も増えるとされています。

敏感肌にとっては、肌への潤いや弾力が肌質の改善が効果的であることは言うまでもありません。年齢を重ねていくと減少してしまうコラーゲンやヒアルロン酸を改善させ、美しい肌を手に入れましょう。

 

 

【アヤナス副作用/安全性】肌トラブルが起きたときの対処法

【アヤナス副作用/安全性】肌トラブルが起きたときの対処法

アヤナス クリーム コンセントレートを使用したときに肌トラブルが起こってしまったら心配になりますよね。特にはじめて使うタイミングで肌トラブルは起こりやすく、適切に対処しなければ症状が悪化したり、最悪の場合には元通りに改善することが難しくなる場合があります。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、肌に本来備わっているバリア機能が弱まっているので普通肌の人よりも、配合されている成分に過敏に反応してしまったり、副作用の症状が出てしまったりします。

アヤナスは敏感肌専用ブランドとして、配合する成分に関しては刺激が少なく安全性に優れているものを厳選しています。それでも、肌質の個人差によって全ての人に副作用の反応がでないように製品化することは不可能であり、消費者である私たち一人ひとりが最終的に使ってみて判断しなければなりません。

万が一肌トラブルに見舞われた場合の原因や対処法を知っていると慌てることもなく、適切に処置することができます。

 

 

【アヤナス副作用/安全性】口コミで見られるトラブル:ヒリヒリ・しみる

実際にアヤナス クリーム コンセントレートを使いはじめて、顔の皮膚がヒリヒリしたり、しみる、といった口コミがありました。

ssykkさん
ssykkさん
評判が良いので期待してのですが、ダメでした。他の商品と同じく、しみる感じがあり、顔中が赤くになってしまいました。
(引用:@cosme)

顔がヒリヒリしたり、しみるような痛みが伴う場合、以下のような原因が考えられます。

ヒリヒリする・しみる原因
  • バリア機能の低下
  • ホルモンバランスの変化
  • アレルギー反応

結論からいうと、このような症状が見られたときの対処法は、すぐに使用を中止することです。その後、肌の赤みが収まらなかったり、かぶれてかゆみが出てくるようであれば、皮膚科を受診してみてください。

アレルギー反応が原因の場合、配合されているどの成分が影響を及ぼしているのか分からないため、今後の同じように繰り返さないためにも専門医に相談して、アレルギーテスト等受けてみることをオススメします。

バリア機能の低下

私たちの皮膚の一番外側には表皮という肌のバリア機能を果たしている細胞があります。これらの働きは、外部刺激から肌を守ったり、体内の水分が蒸発してしまうことを防止する役割を担っています。

敏感肌や乾燥肌の人は、角質層内の水分が不足してしまい、バリア機能が低下しています。ゆえに、スキンケア製品や摩擦などの比較的低刺激にも反応してしまう傾向にあります。

肌のバリア機能の低下は、先天的なものも含めて個人差や大きく自己判断することは危険です。アヤナス クリーム コンセントレートのように肌への潤いや身体の内部からハリや弾力をサポートする製品が効果的に感じる時もあれば、刺激的に感じる時もあるでしょう。

生活習慣を見直すことでも十分改善できる可能性があるので、規則正しい生活リズムに整えつつ、スキンケア用品をうまく活用してみるといいですね。

 

バリア機能を高めるクリームはこちら

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化によってアヤナス  クリーム コンセントレートをはじめとするスキンケア製品に敏感になってしまうことがあります。

特に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が加齢とともに減少してしまい、肌の弾力や潤いを保つために必要な成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の生成量も落ちていきます。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足してしまうことによって起きてしまう肌トラブルはシミやシワ、たるみなどが代表的ですが、これらの成分が不足してしまうことで皮膚における表皮や真皮といった外部刺激から守っている組織も薄くなります。

そうなってしまうと、通常では肌への刺激として感じない低刺激の成分に反応をしてしまい、ピリピリと痛みを伴うことがあるのです。

アレルギー反応

アヤナス  クリーム コンセントレートを使ってヒリヒリしたり、しみる原因としてアレルギー反応も考えられます。

アヤナスは開発段階でアレルギーに対するテストはもちろん行なっており、少しでも刺激となるような成分を排除したうえで製品化しています。

しかし、あくまで一般的に考えられるアレルギー反応に対する対策を行なっていたとしても、私たちの肌は個人差によるところが大きく、例外は常に存在します。

スキンケア製品に対して敏感に反応してしまう経験がある人は、自分の肌には何が相性が悪いのか成分レベルで知っておくことで、アレルギー反応に対策することができます。

 

アレルギーテスト済みのクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】口コミで見られるトラブル:ベタつく

アヤナス クリーム コンセントレートの口コミを見ていると、「ベタつく」という意見と、「ベタつかない」という意見の両方の書き込みがあります。クリームの保湿効果で肌への潤いは期待していますが、ベタベタするのは不快ですし、何より悪影響や副作用の心配をしてしまいます。

ただ、ベタつくという表現だけでは、いつどのような状況で肌がベタついてしまうのか本人に聞いてみないことには分かりません。もちろん、単純に肌に合わないという理由の可能性はありますが、アヤナス クリーム コンセントレートを使ったあとベタベタしてしまう原因について少し考えてみましょう。

適量を守れてない

アヤナス クリーム コンセントレートをはじめとするスキンケア製品にはメーカーが推奨している適量があります。この適量を守って正しく使うことによって、製品に配合されている成分の効果を最大限に発揮できるものです。

たとえば、アヤナス クリーム コンセントレートの正しい量は「大きめの真珠1粒くらい」とされています。この適量はメーカーや製品によって異なるため、調べることなく何となく使っていると、実は誤った使い方をしている、ということになりかねません。

ただ、この適量というのは、あくまで開発時に定められた基準でありますので、使う人の肌質や肌の状態、生活環境などの条件で肌にとって適切な量は変化するでしょう。

アヤナス クリーム コンセントレートを使って「ベタつく」と感じた人は、もう少し薄く塗ってみたり、乾燥が気になる場所を中心に塗ることによって解決するかもしれません。

乾燥が原因

アヤナス クリーム コンセントレートを使った直後はベタついてないのに、しばらく時間が経ったあとベタベタしてしまうのは、肌が乾燥していることが原因かもしれません。いわゆるインナードライ肌。

インナードライ肌とは
  • 肌の内部は乾燥しているのに肌の外側は皮脂でベタついてしまっている肌の状態を指す。

引用:Wikipedia

インナードライ肌は乾燥肌よりも症状が悪化した状態で、肌が乾燥して内部の水分が蒸発してしまうことを防ぐために皮脂を過剰に分泌してしまいます。肌の表面はベタベタしているのに、肌の内部は乾燥しているというやっかいな状態になっています。

アヤナス クリーム コンセントレートは肌表面の保湿、保護はもちろんのこと、肌内部からも潤いを与え、ハリや弾力のある肌へと導きます。クリーム自体は、症状を改善できる効果がありますので、正しく丁寧に洗顔できているか、各アイテムを正しく使えているかなど、スキンケア全体を見直しつつ、しばらく経過を観察してみましょう。

 

保湿効果の高いクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】肌質や肌の状態によって危険性がある?

【アヤナス副作用/安全性】肌質や肌の状態によって危険性がある?

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌の人でも安心して使えるように開発された製品ですが、アトピー肌やインナードライ肌、ニキビ肌の場合でも副作用なく安全に使うことができるのでしょうか。

敏感肌でも刺激を感じることがないように配合されている成分は厳選し、安全性の高いものしか使われていません。ごくわずかな刺激にも敏感に反応してしまう敏感肌の人が安心して使えるスキンケア製品であれば、その他の肌トラブルにおいても問題ない気はしますが、副作用のことを考えると不安な気持ちのままでは気が進みません。

その不安を解消すべく、アトピー肌、インナードライ肌、ニキビ肌でもアヤナス クリーム コンセントレートを使うことが出来るのか確認していきたいと思います。

 

 

【アヤナス副作用/安全性】アトピー肌でも安心

はむ子★さん
はむ子★さん
5.0点
敏感肌かつアトピー持ちで、肌の調子が悪い時はいつも使っているクリームさえ痛く、オロナインしか塗れませんでした。
口コミでアヤナスのクリームを見かけ、注文してみました。使い始めて暫く経ちますが一度も痛くなったことがありません。保湿もしっかりしてくれます。このクリームで出会えて良かったです。
引用:@cosme

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)はかゆみを伴う湿疹の症状がよく見られ、良くなったり、悪化してしまったりを繰り返す皮膚炎です。原因は、乾燥を繰り返した結果、肌のバリア効果が低下して外部からの異物や刺激を受けやすくなったこと。

結論からいうと、アトピー肌にアヤナス クリーム コンセントレートは使えます。アトピー肌にとっても肌の乾燥が原因であるため、改善するには肌の保湿を重視したスキンケアが大切であるといえます。

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌のような肌のバリア機能が低下している状態でも刺激を感じることなく、使えるように設計されているため、アトピー肌にとっても相性が良く、その高い保湿効果からも改善が見込めます。

炎症が悪化している部分にはなるべく避けて薬をメインに使いましょう。その後症状が良くなってきたらアヤナス クリーム コンセントレートで保湿を行い肌へ潤いを与えていく。薬で治療を行いつつ、スキンケアによってアトピー肌からの脱却を目指してみませんか。

 

アトピー肌におすすめなクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】インナードライ肌の毛穴トラブル

皮脂分泌量が多く、肌のテカリが気になってしまうインナードライ肌。単純に皮脂分泌が多いオイリー肌と決定的に違うところは、肌の表面とは裏腹に内部が乾燥していることです。

インナードライ肌にとって保湿ケアは非常に大切なので、もちろんアヤナス クリーム コンセントレートを使っても問題ありません。ただ、副作用というほどの危険性ではないですが、保湿が大切だからといって油分の多いクリームを付けすぎてしまうと、肌質の悪化やニキビなどの吹き出物の原因になりかねません。

ディセンシアが推奨する適量での使用でベタついてしまったり、ニキビができてしまうようであれば、塗る量を減らしたり、乾燥が目立つ部分に少しずつ塗って保湿ケアする方法もあります。

 

インナードライ肌におすすめなクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】大人のニキビ肌

ニキビ肌は皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、ニキビが出来やすい肌のことをいいます。インナードライ肌の人も皮脂分泌量は多い傾向にあるので、ニキビが出来やすい肌質といえます。

アヤナス クリーム コンセントレートは乳液に比べて油分の多いスキンケア化粧品ですので、ニキビ肌に多量に塗りすぎると症状を悪化させてしまう危険性があるので注意が必要です。ニキビ跡になってしまうとなかなか治らないので気をつけたいですね。

ニキビができる仕組み

ニキビは、過剰な皮脂と、毛穴周辺の過剰な角片、皮膚表面の細菌などが原因で起こる、毛穴周辺の炎症です。

毛穴のまわりは、内側にたまった皮脂や皮脂の分解物の刺激で角化が促進され、角層が厚くなります。そうすると、排出しきれなかった皮脂と角片が混じりあって、毛穴が詰まってしまったところに、アクネ菌が増殖し炎症が起こります。

引用:なぜニキビができる?徹底ケアのススメ

とはいっても、ニキビ改善するためには、毎日洗顔でしっかり汚れを落とすことと、スキンケアによる十分な保湿で肌に潤いを与えてターンオーバーを正常に働かせることが大切です。

 

ニキビ肌におすすめなクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】妊娠中・産後もおすすめとの口コミあり

妊娠中や授乳中は体調や環境の変化によるストレスによって、いままで使っていた化粧品がヒリヒリしたり、敏感に反応して刺激による赤ら顔になってしまいやすい状態です。

ホルモンバランスが不安定であることやストレスは肌を敏感にしてしまいます。このような肌質のときに化粧品選びはなかなか難しいものですが、アヤナス クリーム コンセントレートはオススメできるクリームです。

アヤナス クリーム コンセントレートは敏感肌でも使える安全性の高いスキンケア製品であると共に、シミやシワという気になるエイジングも同時にケアすることができます。妊娠中の肌トラブルにお困りの方にもぴったりです。

【アヤナス副作用/安全性】敏感肌化粧品のラインナップに医薬部外品はない

アヤナスのラインナップに医薬部外品はありません。医薬品や医薬部外品ではないため、アナナス クリーム コンセントレートのような化粧品の有効性はそれぞれと比較すると低いことになりますが、その分医薬品や医薬部外品よりも安全性は高いといえます。

法律からみた、医薬品・医薬部外品・化粧品の違いについて公益財団法人日本学校保健会にまとめてありましたのでご紹介します。

医薬品 病気(疾病)の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの。
医薬部外品 積極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の不快感、あせも、ただれ等
の防止を目的として使用されるもの。また、口臭、体臭、脱毛の防止、育毛、除毛
等の美容目的に使用されるもの。人体に対する作用が緩和なもの。
化粧品 人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え又は皮膚若しくは毛髪を
健やかに保つために使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が
緩和なもの。

 

つまり、人に対する効果は、医薬品>医薬部外品>化粧品の順番に考えられます。医薬品に向かっていくに従って、明確な治療目的を持つ必要がありますので、私たちがより麗しい美肌を求める上では、化粧品の分類で十分のようです。

 

 

アヤナスクリームに毒性のある成分は含まれていない【副作用はなく安全です】

アヤナス クリーム コンセントレートには日本において毒性と判定されている成分は含まれていません。ただし、配合されている成分が肌に対して全く刺激性はないとはいえない、という点については留意しておく必要はあるでしょう。

いまは安全性の高いアヤナス クリーム コンセントレートも以前は、防腐剤としてパラベンを使用していました。現在、防腐剤として配合されているフェノキシエタノールに変更されていますが、どちらの成分も過剰摂取すると人に対して毒性のある成分となりえます。

ポイントはこれらの防腐剤として使われる成分以外にも過剰に摂取してしまうと身体に対して悪影響となってしまう成分は多々ありますが、厳しい品質管理を経て開発された化粧品が通常の使い方で身体に副作用を及ぼす可能性はまずありえません。

ですので、化粧品の選定では自分の肌質に合うかどうか、という部分をまずは重視して選んでみることをオススメします。

 

安全性の高いクリームはこちら

副作用としての白斑の症例はないので安全

2013年にカネボウの化粧品で白斑の症状が出ると相次いで報告されたことは衝撃的でしたので記憶に新しい人も少なくないと思います。この白斑の原因として広まったのが、美白成分である「ロドデノール」。白樺の樹皮から摘出された天然物質に由来したものですが、実はこの白斑とロドデノールの因果関係は証明されていません。

とはいっても、シミやくすみなど予防したり、改善する美白効果があるといわれている化粧品からこのような健康被害が出てしまうと、同じような効能のあるものについても安全性への不安は募ります。

ただ、2016年から発売されて以来、アヤナス クリーム コンセントレートには副作用として白斑の症状は報告されていませんので、安心して使用できます。化粧品は毎日肌に対して直接触れるものですから、絶対的な安全性は揺るぎないものにしてほしいものですね。

【アヤナス副作用/安全性】アヤナスクリームは何歳から使える?

【アヤナス副作用/安全性】アヤナスクリームは何歳から使える?

「アヤナス クリーム コンセントレートは何歳から使えるのか」

若い人はそんな疑問を持ってしまうかもしれませんね。基本的にスキンケア製品というのは、対象年齢については特にうたってないものがほとんどです。究極的には、アヤナス クリーム コンセントレートの効果が必要と感じたときが必要なタイミングである、というふうに捉えることが答えとなるでしょう。

しかしながら、アヤナス クリーム コンセントレートの効果・効能やアンチエイジングケアの観点から考えると肌の老化のサインが見え始めたことからが対象年齢といっても良いかもしれません。

ディセンシアによるアヤナスのターゲット層も働き盛りの女性ということで30代~40代の女性に設定しています。

 

 

 

【アヤナスクリーム/値段】コスパ最強の購入方法【保存版】
アヤナスクリームの値段はいくら?商品を最安で買う方法アヤナス クリーム コンセントレートはどこで購入すると最もコスパが良くなるのでしょうか。そんな疑問を解決すべく一番おトクに購入する方法を徹底的に調査しました。...

【アヤナス副作用/安全性】対象年齢はない

上記のとおりですが、アヤナス クリーム コンセントレートに対象年齢はありません。何歳であってもスキンケアは大切ですが、年齢肌を感じる頃になると肌への保湿は必要不可欠です。

人の肌は20代後半ごろから肌の老化が始まっていきます。一般的に肌トラブルで悩みだしてくる年齢もこの頃からよく聞かれるようになるため、エイジングに対する予防という意味でも20代後半から意識してスキンケアをしていくことが良いでしょう。

逆に50代であってもエイジング対策として遅すぎることはありません。より年齢肌を実感している年齢かもしれませんが、アヤナス クリーム コンセントレートに配合されている保湿成分が効果的にケアしてくれるでしょう。

【アヤナス副作用/安全性】最も使っている年齢層は30代~40代

事実、アヤナス クリーム コンセントレートを使っているメイン層は30代~40代の働き盛りの女性です。女性の社会進出が当たり前の時代ですが、比例して女性の生活環境も変化してきています。

現代の30代以上の女性は社会進出によるストレスや睡眠不足の深刻化が進んでおり、ストレスによる肌トラブルはますます増加してきている状況です。

実際にアンケート調査でも30代~40代女性の9割以上はストレスによる肌荒れに悩まされているとの結果が出ています。アヤナス クリーム コンセントレートは肌荒れとエイジングの双方へのケアを実現できるクリームとなっています。

 

30代におすすめなクリームはこちら

【アヤナス副作用/安全性】若い人が使っても大丈夫?

対象年齢ははないので、若い人でもアヤナス クリーム コンセントレートを使っても大丈夫です。ただし、若い人の肌は年齢肌や敏感肌が気になるような肌質とは違い、潤いもある健やかな状態です。

アヤナス クリーム コンセントレートには効果的な成分が配合されていますが、若い人の肌にとっては必要以上のケアである可能性もあります。その場合、同じように使用してしまうと、過剰ケアによる肌トラブルを招いてしまうことになります。

使用する場合は、肌質や症状をよく観察し、必要以上に塗りすぎないことが副作用を発生させないように使う秘訣でもあります。

【アヤナス副作用/安全性】使い始めるべき年代はない

つまるところ、アヤナス クリーム コンセントレートを使い始めるべき年代はありません。たるみやシワ、くすみといったエイジングに関する肌トラブルは急に始まるものではありません。

毎日鏡で自分の肌の状態を見ているからこそ、なかなかその変化に気づきにくいことも良くあるでしょう。一度、エイジングのサインが肌に現れてしまうとなかなか元の状態に戻すことは難しいです。

手遅れにならないうちにアンチエイジングとしてアヤナス クリーム コンセントレートを使い始めることをオススメします。まずは使ってみて過剰なケアになるようであれば、必要なタイミングでまた使ってみればいいのです。